統一性による広がりを実感!つじ田の店舗内装の素晴らしさ

ラーメン店つじ田の店舗内装が気になる

ラーメン店つじ田の店舗内装が気になるガラスの壁やカラーの統一で優雅な空間に店舗内装における配色の大切さを改めて学ぶ

以前からつじ田でラーメンを食べたいと思っていましたが、行列が出来ていることが多く実現できていませんでした。
とても美味しいと評判ですが、その人気には他の理由もあるに違いないと考えていた時期があります。
当時は仕事の関係で店舗のデザインを少し勉強していたので、どのような店舗内装なのか気になって仕方がありません。
通りに面している壁はガラスになっているため、中の様子をうかがうのは簡単です。
中華というよりは和風のテイストを大切にしており、清潔な雰囲気が全体に行き渡っていました。
油分が飛び散って雑多な印象のラーメン店とは大きく異なっています。
比較的すいている時間帯を狙って食べにいってきました。
そのときに感じたのは、外から見る場合と大きな違いがあるということです。
壁をガラスにしていたのは、てっきり外へのアピールだと考えていたのですが、狙いはそれだけではないと分かったのです。
きれいな透明のガラスなので、自然の光がたくさん入ってきます。
もちろん照明もありますが、自然のやわらかな光を浴びながら食べられるのは大きな魅力です。
自分はラーメンを食べ始めるのと、黙々とひたすら口に運ぶ傾向があります。
それまで利用してきた店舗に関しては、あまり内装を覚えていないというのが本音です。