統一性による広がりを実感!つじ田の店舗内装の素晴らしさ

ガラスの壁やカラーの統一で優雅な空間に

ラーメン店つじ田の店舗内装が気になるガラスの壁やカラーの統一で優雅な空間に店舗内装における配色の大切さを改めて学ぶ

他の人も、一般的な和食や洋食と比べると急いで食べている人が多いと思います。
その現象は、ラーメン店特有の圧迫感が生み出しているのかもしれません。
なぜなら、つじ田では優雅な気持ちで最後まで食べられたからです。
店舗内装によって、食事中の心理状態に大きな変化があることを悟らせてくれました。
もちろん、ガラスの壁による外へのアピールも効果的なものです。
スタッフが笑顔で気持ちよく対応している様子が分かりますし、少し離れた場所からでも全体の雰囲気を把握できます。
女性やファミリー層でも安心して来店できることに大きな関係があるのでしょう。

つじ田 池袋店
気になってたお店が池袋に!
オープンしたばかりの店内は綺麗な落ち着く内装で女性も入りやすいかも☺️
濃厚つけ麺と濃厚ラーメン🍜
つけ麺は特盛で🗻
つるつる麺は喉越し最高ね👍 pic.twitter.com/z0RwTrklsK

— わさ子 (@ut_similia) February 8, 2019
混んでいるかどうかをひと目で確認できるのも大きなポイントです。
また、カウンターはL字になっており、隣のお客との間隔は決して広いとはいえません。
その点においては他のラーメン店と変わりませんが、なぜか圧迫感はまったく感じなかったのです。
最初はその事実に少し戸惑いましたが、不思議に思って視線を巡らせてみると、その秘密を垣間見ることができました。
それは店舗内装のカラーが統一されていたことです。
壁や天井は薄い茶系にそろえられており、空間全体につながりが感じられます。
これが別々の色なら空間の印象が途切れてしまい、何倍もの狭さを感じていた可能性があります。

つじ田 店舗内装こちら : つじ田 店舗デザイン