統一性による広がりを実感!つじ田の店舗内装の素晴らしさ

店舗内装における配色の大切さを改めて学ぶ

ただし、床だけは違いがあって濃いグレーか茶系でした。
これも計算のうちであり、その色使いによって余計に広く感じられたのでしょう。
足元が寒色系で引き締まっている分、壁や天井の暖色系がコントラストによって膨張して見えたのです。
店舗内装における配色の大切さをあらためて学ばせてもらいました。
それをないがしろにしている店舗との差は非常に大きいです。
その他にも、いろいろと学習できたことを嬉しく思っています。
たとえば手洗い場への気遣いも感じられ、食事をする場所と同じような配色だったことに感心しました。

大きな鏡が据え付けられており、自分が素敵な店舗内装に包まれている姿を確認できたので良かったです。
ラーメン屋の手洗い場に対して、あまり綺麗でないというイメージを持っていたのですが、こちらはまるでフランス料理店のようなお洒落さが感じられました。
清掃が行き届いていたので、内装の良さを消すような事態にもなっていません。
そのため、手洗い場を利用する前後で満足感が途切れることはありませんでした。

ラーメン店つじ田の店舗内装が気になるガラスの壁やカラーの統一で優雅な空間に店舗内装における配色の大切さを改めて学ぶ